冬は乾燥&冷え対策大事です

12月に入り、例年よりも暖かいとはいえ、東京の冬はやはり乾燥した冷たい風が気になります。たかが乾燥、冷えと侮るなかれ!お肌や身体にさまざまな影響を及ぼします。

乾燥するとどんな影響が

お肌は、潤っていてこそバリア機能が働きます。残念なことに年を重ねると、この肌の水分量を保持してくれる天然保湿因子NMF(Natural Moisturrizing Factor)は減少します。また細胞間脂質(セラミド等)も減少。そこに外的要因である乾燥した冬の風が加わると、より一層お肌の乾燥が進みます。乾燥するとシワはもちろん、赤み、痒みも出てお化粧ののりも悪くなります。

冷えるとどんな影響が

身体が冷えて体温が1度下がると免疫力が30%、エネルギー代謝は12%ダウンすると言われています。たった1度で風邪やインフルエンザ、ガンにもかかりやすくなったり、エネルギー代謝が落ちることで太りやすくなったり、お肌のターンオーバーが遅れシミ、シワの原因にもつながります。また、せっかく良い成分の入った美容液やパックを使用しても吸収率が下がったり、効果が思うように出ないこともあります。

普段からの乾燥と冷え対策

乾燥は、とにかく保湿!ちょっとリッチすぎるかもと思われるクリームや美容液、オイルなどをいつもの化粧品にプラスしてお肌の水分を守りましょう。私は、シュラメック化粧品のスキンエリクシアまたは新製品はバイタライジングオイルコンセントレイトを普段の基礎化粧品にプラス。ツヤも出てお化粧ののりもよくなります。


あとは、薬膳の考えに従って、肺を潤す食材を多くとるようにします。例えば、杏仁(杏仁豆腐など)レンコン、百合根、白きくらげなど。

冷え対策には、まずは身体を動かす。筋肉を動かすことで血流も良くなり熱も発生しますので、ハードな運動でなくてもいいのでこまめに動く。当サロンでおススメなのは、なんといっても最強(私が勝手に思っています)入浴剤オリゴメール!体内にあるミネラル成分とほぼ同じと言われている海洋成分オリゴエレメンツがたっぷり入ったオリゴメールで体内にミネラル補給しながら、しっかりと身体を芯から温めます。さらに、まもなく入荷予定のシュラメック化粧品の新製品ナリッシングボディオイル、こちらも唐辛子とマスタードスプラウトに基づく成分がセルライトを燃焼、微小循環も活性化してくれるオイルでお肌を温めながら滑らかにシェイピングしてくれます。

冷えに効く薬膳食薬は、なんといっても生姜とシナモン!この二つ、コーヒーや紅茶、お料理など様々なものに加えるだけでも良いので、是非毎日食していただきたいです。

その他、色々な冷え乾燥対策がございます。アンスリールにお越しいただき、ご相談くださいませ。

このサイトをフォローする!