グリーンピールってハーブピーリングのこと?

グリーンピールは、ドイツ皮膚科医が考案したオーガニックハーブトリートメント。
ドイツ、そしてEU諸国をはじめ世界60か国で愛される60年以上の歴史と実績のあるトリートメントなのですが、日本においては美容に敏感な方々や芸能人、モデルの方々の間では話題で愛用されている方も多いのですが、まだまだ認知度が低いエステトリートメントです。

商標がグリーンピールという名前のせいか、先ず「グリーンピール知ってます。ハーブを使ったピーリングですよね!」と仰る方がほとんどです。
また、実際に施術を受けた方も事前にピーリングではない、と説明を受けていても、施術後3~4日後に剥離(皮剥け)する方が多いので、ピーリングと勘違いされている場合もあります。

グリーンピールはピーリングではありません!

ハーブの持つ植物エネルギーを毛穴より浸透させて、お肌のターンオーバーの周期を正常に戻していく、ハーブトリートメントです。
ですので、お肌に剥がれ落ちるべき古い角質層がたっぷりある方は、ハーブの効果で新しく元気に出来上がってきたベビースキンに押し上げられるように、ごっそり剥けることがあります。
その一方で、きちんとあるべき角質層が薄く、表面がめくれやすく敏感になっているお肌やゆらぎ肌の方、乾燥肌の方は、ほとんど剥けません。

あと、角質層がとても厚いのにお肌自体が元気がない場合、一回の施術では下から持ち上げることが出来ず、2,3回目でごっそり剥ける方もいらっしゃいます。

このように、グリーンピールはハーブを擦り付けて表面を刺激し、剥がしとるハーブピーリングとは成分構造が全く異なり、新しく生まれてくるお肌を美しく元気に育てるお肌に優しいハーブトリートメントです。

グリーンピール
無理に剥がしとるピーリングは、直後はごわついた不要な部分を取り除きますので、一時的につるんとしたタマゴ肌になれますが、頻繁に繰り返しますと、角質層が薄くなりすぎて角質層の持つ大切な役割である、水分保持ができず、人間の身体を一番外でガードするバリア機能を失い、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌、老化へと移行してしまいます。

 

グリーンピールは、その反対でハーブの有効成分をお肌へ送り込むことでお肌を育てていきますので、繰り返すことでどんどんお肌は元気になり、ツルツルもっちり肌へ変化して行きます。
また、ターンオーバーを正常にすることで、シミも定着せず、不要なものとして排泄されるようになり、美白効果ものぞめます。(注:真皮層にまで落ちてしまったシミは改善するには時間がかかります)
その他、ハーブの持つ植物エネルギーはお肌を支えるコラーゲン、エラスチンにも栄養を与えることが分かっており、ハリ、たるみの改善効果も。

グリーンピールは、ニキビ肌の方の間でとても人気があるのですが、それはハーブが毛穴、皮脂腺、毛包へと取り込まれるため、毛穴、皮脂線、毛包でアクネ菌が繁殖し炎症を起こしているニキビにハーブの持つ鎮静、殺菌効果が効くためとされています。

自然界にある植物エネルギーの力で、トリートメントするグリーンピール。安心して受けて頂き、効果を是非体感してみてください。

このサイトをフォローする!